ストーリーライティングを学んだ後に自分に貼っていたラベルが変わった瞬間を実感できました

2017-12-08T22:48:48+00:00 By |

◆◆◆WSCメンバーからの報告メールをご紹介します◆◆◆

何て贅沢な講座だろう思いました。

初回の解説動画、めちゃめちゃわかりやすかったです!

新田祐士さんの音声を聞いて、穴埋め合ってるかなぁ?とか、高度でまだ理解しきれていない、という箇所を鈴木実歩さん目線で解説してくださっているので、理解がとても深まりました。

何て贅沢な講座だろうと改めて参加して本当に良かったと思います。

ラベルの変換ができた気がしたので、メールさせていただきます。

本音を熱く語っても、バカにされる恥ずかしいというラベルを貼っていた自分

本日、職場でキャリア研修があり、5年後、10年後のキャリアデザインシートを作成するという内容でした。

これまで私は、職場ではどことなく公務員としての仮面を被り、本音のやりたいことなどはあまり語らずにきました。

ですが、先の研修で、まさか人事課に提出するとは思わず、思いきり本音のキャリアデザインを書き尽くし提出してきました。

本当に本当にドキドキして、今でも心臓が飛び出そうです。

今までの私は・・・職場で本音を熱く語っても、きっとバカにされる恥ずかしいというラベルを貼っていました。

でも今日、隣席の同僚にそのプランをシェアしたら、なんか感動した!いいね!と言ってもらえたことで、職場で本音を熱く語っても応援してくれる人もいる、わかってくれる人もいる、行きたい部署に近づくチャンスかも、というラベルに変わりました。

先に自分で変換したからとは、少しちがう事例かもしれませんが、ラベルが変わった瞬間を感じたできごとでした。

これもストーリーライティングを学びはじめなければ、気づかなかったことですね。

実歩さん、新田さんのおかげです。

ありがとうございます!

これからも楽しみにしております。

 

↓ みんなで次元上昇中!「WSC」あなたも仲間に入りませんか? ↓

【ストーリーのチカラが人生を変える】
<参加者から大絶賛の声が届いています>
4週間で400人が購入!現在900人突破!
国内外どこにお住まいでも参加できるコミュニティ
鈴木実歩主宰「WSC」 詳細はバナーをクリック